老人性イボクリーム 老人性イボ塗り薬

老人性イボに即効性のあるクリーム!?脅威の塗り薬とは?

老人性イボに即効性のあるクリーム!?脅威の塗り薬とは?

 

 

歳を重ねるごとにできてきてしまう、老人性のイボ。

 

この老人性のイボに効くと噂のクリームは色々ありますが、
なんと、即効性のあるというクリームを見つけました!

 

 

そのクリームの正体は何なのか?

 

謎のクリームの成分や、どうやって使えばいいか、
そして、どのような点に注意すればいいのかをリサーチしてきました。

 

 

よろしければご覧ください。

 

 

 

老人性イボがすぐに消える!?謎の塗り薬の正体!!

 

 

さて、この謎の塗り薬の正体は、「カソーダ」という商品です。

 

カソーダとは、アメリカで開発された塗り薬で、
主な成分は重曹とひまし油でできています。

 

 

老人性イボだけでなく、ほくろやシミまで、かさぶたを剥がすような
イメージで取れるようになってしまうというとても驚きな商品です。

 

 

カソーダを、老人性イボやほくろなど、気になるぼこぼこに
塗り続けると、かさぶたのような状態になってきます。

 

 

そして、そのかさぶたが自然に取れると、
どんどんイボが目立たなくなってきて、
続けることによって、完全に消えてしまうというものです。

 

 

カソーダは、アルカリ性のクリームで、肌は弱酸性。

 

 

このアルカリ性のクリームを塗ることで、肌の表面を溶かして、
じょじょにイボが剥がれてなくなってしまうという仕組みです。

 

 

 

そして、カソーダはとても値段が安く、
薬局などで買いやすいのに加え、自分でも作ることができるのです!

 

 

 

カソーダの作り方は、ひまし油1に対して、
重曹を2の比率で入れて、よく混ぜ合わせることで作ることができます。

 

 

使う分だけを作るのが良いと言われていますが、
数日間の保存なら、清潔な容器に作り置きしておくことも可能です。

 

 

カソーダは、化粧品やサプリメントより圧倒的に効くまでの時間が短く、
即効性を求める方にはとても向いている商品だと言えます。

 

 

 

ここが危険!!カソーダの使い方に注意!

 

 

さて、このカソーダですが、リスクが無く使えるというわけではないのです。

 

即効性があるという事は、
それだけ効果が強い塗り薬なので、
その分使い方に注意が必要になってきます。

 

 

カソーダを健康な、何も異常のない肌部分に使ってしまうと、
健康な表皮を溶かしてしまって、肌のトラブルに繋がります。

 

 

ですので、使い方には十分気をつけてください。

 

 

カソーダの使い方は、つまようじや綿棒なおの、
細かいところに塗りやすいものにちょっとだけとって、
気になるイボやほくろなどに、そっとのせるようにします。

 

 

そして、塗り広げないように、
ガーゼや絆創膏で覆って保護をします。

 

 

そして、1晩経ったら、その部分を洗い流します。

 

 

これを毎日1〜2回続けるのです。

 

肌に異常が出たときは、すぐに使用をやめるようにしてください。

 

 

事前にパッチテストをしておくといいでしょう。

 

 

 

また、肌が敏感肌の方は、
荒れてしまう原因になるかもしれないので、気をつけて使うようにしてください。

 

 

 

カソーダは、とても強力な塗り薬ですので、
使い方を間違えないように挑戦してみてください。

 

 

即効性には、折り紙つきの評価があります。

 

 

ですので、早くイボを消したい場合は、試してみるといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ